投資としても魅力がいっぱいの太陽光発電その理由は


売電で収益を上げることができる

太陽光パネルを近年設置している住宅や空き地が多くあるのをご存知でしょうか。なぜこのように増えたのでしょうか。理由は投資としての魅力がある点です。太陽光発電をすると電気を作り出すことができます。この作り出した電気は、自宅で使う以外にも電気会社に対して売電をし、収入を得ることができます。売電することができる量は発電量や設置場所、季節によって変動はありますが、金額に換算するとそれなりの収入となるので、利益を上げるために設置する人が増えています。

およそ10年間で回収できる

太陽光発電を設置するには多額の費用がかかります。それを売電収入と自宅の電気代節約をするとどれぐらいでまかなうことができるのかというとおよそ10年と言われています。10年間は、利益を上げることができませんが、10年を超えれば売った電気がほぼ利益となるので投資としての魅力があります。

保険もしっかりとしている

10年間の設置が必要というとそこまでパネルが持つのかと心配する人がいるかも知れません。そこで太陽光電池を設置する業者も考えていて、システム全体に関しては15年から20年程度、パネルの出力に関しては20年から25年程度の保険をかけてくれているところが多いです。設置した機器の不具合や不良によって思ったように発電をすることができなくても保険があるので大きな損をすることは少ないです。

リスクの少ないのが魅力

太陽光発電が投資として注目されているのに、リスクが少ないという利点があります。保険があり、毎月安定して収入を上げることができるので、土地や建物にパネルを設置する人が増えています。

太陽光発電の価格は、一度に売却をする電力量や、契約をする会社の規約によって大きな差が出ることがあります。